image

直近の放送

修道女

2月23日(木) 03:30〜06:00

もっと見る

番組詳細内容
【解説】
ヌーヴェルヴァーグの中心を担ったジャック・リヴェット監督が、女子修道院の腐敗を告発した18世紀の小説を映画化。発表当時、カトリックに冒涜的だとして反対運動が起こり、一時は上映禁止にもなった問題作だ。
【あらすじ】
1757年のパリ。家庭の経済事情で修道院に預けられた小貴族の三女シュザンヌは、修道女となる儀式を拒否。だが、自分が母の不義の子だったという秘密を知らされ、修道女になることを自ら認める。ある日、シュザンヌが慕っていた院長が亡くなり、規律に厳しいクリスティーヌが後任に就く。シュザンヌは新院長に反発し修道請願取り消しの訴訟を起こすが、悪魔憑きとみなされ監禁される。彼女は敗訴し、新たな修道院に移される。
【原題】
LA RELIGIEUSE: SUZANNE SIMONIN, LA RELIGIEUSE DE DENIS DIDEROT
【監督】
ジャック・リヴェット
【出演】
アンナ・カリーナ、リゼロッテ・プルファー、フランシーヌ・ベルジェ、ミシュリーヌ・プレールほか
【制作年】
1966
【制作国】
フランス
【字幕・吹替】
字幕
【カラー・白黒】
カラー
【画面サイズ】
ワイド画面
【本編時間】
141分
【視聴年齢制限】
なし

同じジャンルのおすすめ番組