ミラノ・スカラ座「クリスマス・コンサート」2018

10月29日(木)  04:35〜06:00 放送時間 85分


番組概要

クラシカ・ジャパン終了に関するお問い合わせは「クラシカ・ジャパン・カスタマーセンター」までお願いいたします。TEL:045-330-2178 月〜金 9:30〜18:30/祝日は除く


もっと見る

番組詳細内容1

お知らせ
クラシカ・ジャパンは10月31日(土)をもちまして放送を終了いたします。インターネットを利用した有料配信サービス「クラシカ・ジャパン プラス」では引き続きご覧いただけますので、クラシカ・ジャパンのホームページ、またはカスタマーセンターまでお問合せ下さい。お得にみられるキャンペーンも実施中!
番組内容
12月7日はミラノの守護聖人サンタンブロージョの日(聖アンブロジウスの日)。オペラ・ファンにとっては、毎年この日はスカラ座の新シーズン開幕日。
番組内容
ミラノ・スカラ座「クリスマス・コンサート」2018
TEATRO ALLA SCALA CHRISTMAS CONCERT 2018 
街中が華やかなイルミネーションに彩られるミラノのクリスマスのロマンティックな美しさは格別。この季節のコンサート・シーンで恒例となっているのが、ミラノ・スカラ座管弦楽団と合唱団によるクリスマス・コンサートで、2017年、2018年と、プログラムに少し変化が見られる。
番組内容

番組詳細内容2

というのは、これまでおおむね、世界のオーケストラや歌劇場で活躍する注目指揮者たちが合唱付きの大曲を演奏することが多かったが、2017年には古楽合奏団イル・ジャルディーノ・アルモニコの音楽監督として活躍するジョヴァンニ・アントニーニが『ミサ曲ハ短調K.427』をメインとするオール・モーツァルト・プログラムで登場。
番組内容
そしてご覧いただく2018年も、同じく古楽集団イ・バロッキスティの指揮者でオルガニストのディエゴ・ファソリスが、イ・バロッキスティの十八番のレパートリーであるヴィヴァルディ、そしてモーツァルトを指揮している。
番組内容
古楽の指揮者たちと、濃密で豊穣な響きが魅力のスカラ座のオーケストラ・合唱団の顔合わせは興味深いマッチング。ディエゴ・ファソリスは、古楽的なアプローチをとりわけ強調して押し付けていないよう。スカラ座のオーケストラと合唱らしい濃厚な美しい響きのうえで、自然な音楽を作っているのが、彼の身ぶりからもじつによく伝わってくる。アンコールの『きよしこの夜』を、客席がうっとりと聴き入っている姿も印象的。
番組内容

番組詳細内容3

[演目]ヴィヴァルディ:弦楽のための協奏曲ト短調RV.157/モテット『おお、天においても地においても清きもの』RV.631/マニフィカトRV.610、モーツァルト:ミサ曲ハ長調K.317(戴冠ミサ)/モテット『アヴェ・ヴェルム・コルプス』K.618、グルーバー:きよしこの夜
番組内容
[指揮]ディエゴ・ファソリス
[演奏]ミラノ・スカラ座管弦楽団及び同合唱団、ローザ・フェオラ(ソプラノ)アンナ=ドリス・カピテッリ(ソプラノ)エリーザベト・クールマン(メゾ・ソプラノ)マウロ・ペーター(テノール)ジャンルカ・ブラット(バス)
[収録]2018年12月ミラノ・スカラ座
約1時間17分


番組ジャンル

音楽 クラシック・オペラ

シリーズ番組

一括録画予約

リモート録画予約ランキングリモート録画予約ランキング

(音楽)

もっと見る  もっと見る

同じジャンルのおすすめ番組