ボリショイ・バレエ2003『ファラオの娘』

10月29日(木)  02:05〜04:00 放送時間 115分


番組概要

クラシカ・ジャパン終了に関するお問い合わせは「クラシカ・ジャパン・カスタマーセンター」までお願いいたします。TEL:045-330-2178 月〜金 9:30〜18:30/祝日は除く


もっと見る

番組詳細内容1

お知らせ
クラシカ・ジャパンは10月31日(土)をもちまして放送を終了いたします。インターネットを利用した有料配信サービス「クラシカ・ジャパン プラス」では引き続きご覧いただけますので、クラシカ・ジャパンのホームページ、またはカスタマーセンターまでお問合せ下さい。お得にみられるキャンペーンも実施中!
番組内容
タイムスリップした若き英国人探検家と美しい王女の波乱万丈の恋。マリウス・プティパの出世作を、ピエール・ラコットが巨大スケールで再現。巨大スケールで再現。
番組内容
ボリショイ・バレエ2003『ファラオの娘』
FILLE DU PHARAON (LA)/Bolshoi Theater (Moscow), CAIOZZI Denis(2003)
古典バレエの巨匠マリウス・プティパの出世作『ファラオの娘』が、2000年、現代の振付家ピエール・ラコットによって蘇りました。この番組は、ボリショイ・バレエが誇る世界的ダンサー、スヴェトラーナ・ザハーロワが主役アスピシアを踊った2003年10月のボリショイ劇場公演です。
番組内容

番組詳細内容2

エジプト貴族のタオールに変身した彼はファラオの娘アスピシアと恋に落ち、2人は王が決めた彼女の結婚相手からの逃避行を決意しますが・・・。ちょっと切ないハッピーエンドまで、バレエとしての構成は古風ですが、舞台美術の豪華さと衣裳の鮮やかさは壮観です。
何といってもアスピシアを演じるザハーロワの素晴らしさは必見。
番組内容
ディヴェルティスマンやナイル川の底で踊る彼女は、テクニックの高さや回転の精度の高さ、抜群の容姿はもちろん、長い手足が風のように舞い、水の中を麗しく流れるとき、ザハーロワの発する美のオーラは私たちの心を掴んで離しません。この公演は彼女がマリインスキー・バレエからボリショイ・バレエに移籍した頃にあたり、前者の優雅なスタイルがボリショイのダイナミックなカラーに新鮮さを与えているのかもしれません。
番組内容

番組詳細内容3

ウィルソンを踊るセルゲイ・フィーリンの跳躍の高さ、ラムゼ役のマリーヤ・アレクサンドロワの高速スピン、さらに脇役一人ひとりに至るまで、そのダイナミックな踊りはまさにボリショイならでは。おとぎ話のようなストーリーとドラマティックな音楽、豪華な舞台美術、そして最高レベルのダンサーたち。バレエ入門者でも存分に楽しめる番組です。
番組内容
[出演]スヴェトラーナ・ザハーロワ(アスピシア)セルゲイ・フィーリン(ウィルソン卿/タオール)マリーヤ・アレクサンドロワ(ラムゼ)ゲンナジー・ヤーニン(ジョン・ブル/パッシフォンテ)アンドレイ・シトニコフ(ファラオ)アンドレイ・メラーニン(ヌビア王)ドミトリー・グダノフ(漁師)インナ・ペトロヴァ(漁師の妻)ウラディーミル・モイセーエフ(ナイル神)岩田守弘(猿)ボリショイ劇場バレエ団
番組内容

番組詳細内容4

[振付・脚色・演出・装置・衣裳]ピエール・ラコット[オリジナル振付]マリウス・プティパ[オリジナル台本] ジュール=アンリ・ヴェルノワ・ド・サン=ジョルジュ、マリウス・プティパ[原作]テオドール・ゴーティエの小説『ミイラの物語』[音楽]チェーザレ・プーニ[編曲&指揮]アレクサンドル・ソトニコフ[演奏]ボリショイ劇場管弦楽団[収録]2003年10月27日・29日・31日ボリショイ劇場
■字幕/全3幕:1時間55分(番組枠)


番組ジャンル

音楽 クラシック・オペラ

シリーズ番組

一括録画予約

リモート録画予約ランキングリモート録画予約ランキング

(音楽)

もっと見る  もっと見る

同じジャンルのおすすめ番組