ブクステフーデの「夕べの音楽」

10月16日(金)  19:15〜21:00 放送時間 105分


番組概要

クラシカ・ジャパン終了に関するお問い合わせは「クラシカ・ジャパン・カスタマーセンター」までお願いいたします。TEL:045-330-2178 月〜金 9:30〜18:30/祝日は除く


もっと見る

番組詳細内容1

お知らせ
クラシカ・ジャパンは10月31日(土)をもちまして放送を終了いたします。インターネットを利用した有料配信サービス「クラシカ・ジャパン プラス」では引き続きご覧いただけますので、クラシカ・ジャパンのホームページ、またはカスタマーセンターまでお問合せ下さい。お得にみられるキャンペーンも実施中!
番組内容
清澄で厳粛、幻想的な祈りに触れるひととき。バッハも尊敬した北ドイツの大家ブクステフーデの「夕べの音楽」を、ベルギーの精鋭古楽アンサンブルが再現。
番組内容
ブクステフーデの「夕べの音楽」
Buxtehude: Abendmusik
17世紀バロック期におけるドイツの作曲家ディートリヒ・ブクステフーデ(1637頃〜1707)。彼は、ハンザ同盟で力を持っていた自由都市リューベックの聖母マリア教会でオルガニストを務めた、北ドイツの大家。
番組内容

番組詳細内容2

この教会でブクステフーデが前任者トゥンダーから引き継いだ中に「夕べの音楽」という演奏会があり、彼はこの規模を拡大して充実したものにしました。若き日のJ.S.バッハがこれを聴くためにリューベックまで旅をした話は有名。本番組は、この「夕べの音楽」を再現したもの。古楽演奏のメッカ、ベルギーのアンサンブル・マスクとヴォックス・ルミニスによる洗練されたスマートな演奏は必見です。
番組内容
神を讃えるコラールやカンタータ4曲の間にいくつかの合奏ソナタをはさんで(録音セッション、リハーサルの部分映像など)、コンサートは進みます。ブクステフーデの幻想的ともいえる音楽は、清らかで厳粛な祈りに満ちたもの。バッハが共感し、吸収したのもよくわかりますし、時にはバッハを先取りしたような和声進行も聴こえます。
番組内容
ブクステフーデの清澄でピュアなハーモニーが、観るものの心に静かに沁みてきます。
特に、コラール『心からわれ汝を愛す、おお主よ』は、編成の大きさに伴って音楽も厚みを増し、胸の中が光で溢れるような気持ちに。シャコンヌ『イエスはわが生命の命』では歌手が数人ずつ入場し、歌が積み重なっていくことで感動が増していきます。
番組内容

番組詳細内容3

[演目]ディートリヒ・ブクステフーデ:カンタータ『神よ、われを救いたまえ』BuxWV34/トリオ・ソナタ イ短調BuxWV272〜ヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバと通奏低音のための/コラール『来たれと天使に告げよ』BuxWV10/コラール『イエスはわが喜び』BuxWV60/トリオ・ソナタ ニ長調BuxWV267〜ヴィオラ・ダ・ガンバ、ヴィオローネと通奏低音のための/コラール『心よりわれ汝を愛す、おお主よ』BuxWV41 他
番組内容
[収録]2017年聖アウグスティン教会「AMUZ音楽センター」(アントワープ、ベルギー)[映像監督]パトリック・ラウゼ
■1時間45分(番組枠)


番組ジャンル

音楽 クラシック・オペラ

シリーズ番組

一括録画予約

リモート録画予約ランキングリモート録画予約ランキング

(音楽)

もっと見る  もっと見る

同じジャンルのおすすめ番組